概要

承徳は他国からの文化的影響が少なく100%本物の中国を体験できる場所です。フレンドリーな人々、過ごしやすい環境、自然、歴史に魅了されるでしょう。承徳での生活は都市での生活とは大きく異なり、とてもゆったりとしています。

人々は日々の生活に重きを置いており、たくさんのスポーツやアウトドアイベントが開催されています。承德市は清王朝時代の首都であった都市で、人々は中国全土の中でも最も標準的で綺麗な中国語を話します。

In Chengde you can enjoy full immersion - No English spoken anywhere

  • 本物の中国を体験
  • 歴史、山々、きれいな空気
  • 安全でフレンドリー
  • 地元の中華料理
  • 地元の人々との交流
Chengde (承德)は1952年に普通語が成文化された場所で、人々は最も標準的な普通語を話します。しかし外国人でこの街を知る人は少なく、訪れる外国人は全くいません。現地の人は英語を話さないので、中国語をいつでもどこでも使う必要があります。ホストファミリーは英語を話さないですし、シェアハウスの住人は中国人のみです。LTLの生徒も平均3名、最大でも10人と、本当に外国人のいない生活を送ることができます。

  • 歴史

    歴史

    清王朝 - 王朝時代の夏の首都
    UNESCO - 世界遺産に登録
    サマーパレス - Kangxi皇帝の巨大プロジェクト
    遺産 - 木の仏像、Putuo寺、万里の長城

  • 楽しい生活

    楽しい生活

    綺麗な環境 - 周囲の山でハイキング
    スポーツシティ - サッカー、ハイキング、バトミントンなど
    食事 - 大勢で時間をかけてたくさん食べるのが承徳流
    リラックス - ゆったりしたシンプルな生活

承徳での学び

Chengde - A world apart from Beijing and Shanghai

承徳市内

平日は日中4~6時間個人レッスンを受けます。授業時間はどのイマージョン・プログラムを取るかによって異なります。ディスカバー承徳のオプションを取っている場合には、担当教師と一緒に外に出かけ生活の中で使われている中国語を学びます。

レッスンは宿泊先か近くの喫茶店で行われます。その為他の生徒に会うことも中国語以外の言語を話すこともありません。

通常生徒は教師と近くのレストランでランチをするかホストファミリーとランチをします。授業後は通常はホストファミリーかフラットメイトと夕食をとります。その後はホストファミリーや友達と広場に踊りに行ったり、ビールを飲んだり、カラオケをしたりして過ごします。

承徳は北京や上海に比べれば小さな街ですが、50万人の住人、1万人以上の大学生がいてたくさんの楽しみに溢れています。生徒の間で人気のある週末のアクティビティはハイキングや乗馬、サマーパレスの探索、そしてホストファミリーとのお出かけです。

プレ承徳ミーティング

承徳に移動する前に、プレ承徳ミーティングを行います。もし北京や上海で授業を受けずに直接承徳に向かう場合には、WhatsAppまたはSkypeでミーティングを行います。このミーティングでは、ホストファミリーの希望、趣味などを伺います。これは承徳で似たような趣味を持つ人を紹介するための確認です。

ディスカバー承徳 オプション

「ディスカバー承徳」はアップグレードオプションです。授業時間を使って担当教師と一緒に外に出て生きた中国語を学びます。このオプションは承徳にいる時間が短い参加者にとりわけお勧めです。

料金: 1週間 1,000 元、以降は1週間 800 元

承徳コネクションキット

コネクションキットは、あなたと話の合いそうな人々を見つけて紹介するサービスです。承徳到着後すぐ、あなたと同じような趣味や興味を持った2人を紹介するディナーに招待します。お互いの言語を学びあう言語エクスチェンジパートナーと、街を案内してくれたり一緒に出掛けることのできるスチューデントアドバイザーを紹介します。中国生活を始める上で幸先の良いスタートを切ることができます。その後はどんどん新しい友達を作っていきましょう。

料金: 900 元

関連リンク