はじめてのチャイニーズニューイヤー

はじめてのチャイニーズニューイヤー・眠らない夜と終わらない花火

by Sonia Kurniawan (インドネシア)
家族と料理は、歴史を通して変わらない中国文化の根源
チャイニーズニューイヤーと春節(春节)は、中国の代表的なお祭りです。年に一度中国中に散らばる家族が集い、話をし、温かい食事を囲みながら新年を祝います。今年は、あえて北京のホストファミリーと一緒に春節を祝うことにしました。私の経験を語る前に、まず歴史のレッスンから始めましょう。

チャイニーズニューイヤーの伝説

チャイニーズニューイヤーのお祭りは神話と恐れから生まれました。伝説では、一角獣と龍を合わせたような見た目の、醜く猛々しく忌み嫌われた野獣ニアン(中国語では「年」の意味も持つ)が登場します。毎年最後に、ニアンは山から下ってきて村人を殺します。自ら身を守ることのできない村人たちは、扉をしめ切って隠れているしかありませんでした。ある日、一人の旅商人が村を訪れ食料を求めました。村の年老いた女性が食事を用意し、このお礼に旅商人はニアンを倒す秘密を村人に教えます。
Depiction of Nian in Chinese children storybooks

中国の子ども向けの絵本に登場するニアン。ちょっとかわいい。

村人は家々を赤く塗り、赤い服を着ることを教わります。加えて太鼓やゴングを叩き、竹を燃やし、花火を打ちました。一言でいえば「うるさく」したのです。恐ろしいモンスターのニアンでしが、実はうるさい音を怖がるのです。村人が騒ぎ立てると、ニアンは尻尾を巻いて山へ逃げかえっていきました。 ここからチャイニーズニューイヤーが生まれました。赤い服を着て繁栄を示したり、花火をしたり、対聯と呼ばれる赤い装飾を飾ったりと、ニアンを遠ざけるために村人が行った方法が、チャイニーズニューイヤーの祭りとなったのです。今日では新年のお祭りは15日間行われ、中国の都市部では1週間の祝日になります。

Soniaのチャイニーズニューイヤーを写真でご紹介

1:00 pm: 私たちは姥姥 (lao3 lao)の家に到着しました。中国語では祖母の呼び方が2種類あります。姥姥は母方の祖母、奶奶(nai3 nai)は父方の祖母です。しかし、ここでは複雑な中国の家族の呼び名についてはスキップしましょう。そうさせてください。
Chinese New Year

チャイニーズニューイヤー

Chinese New Year

チャイニーズニューイヤー

到着すると、ドアポストが春節や新年の飾り(春联: Chun1 Lian2)で彩られていることに気が付きます。春節飾りは2行のフレーズで、よくあるものは各サイドに7字の漢字が赤い紙に黒インクで書かれているものです。新年飾りはたくさんの願いが込められたもので、魔よけの意味を持ちます。ニアンの伝説に通じるものです。 1:30 pm: 年配者に挨拶を済ますと、私のホストファミリーと彼らの親せきは春節飾りを取り外し、新年飾りに取り替えました。新年を迎える前に家を掃除するのが中国の伝統です。掃除は、古いものを取り去ることで古い年に別れを告げて、新年を迎えるための行為です。 春節飾りの他に、紙を切り抜いた飾りもよく使われます。装飾と切り絵の種類は豊富で、多くは田舎の生活を象徴するものです。そのため、農業、織物、漁業、羊飼い、養豚、子育てなどをテーマにしたものが良く見られます。切り絵には、神話と伝説、中国オペラを表現したものもあります。花や鳥、干支の動物も人気のあるデザインです。子としたヤギ年であっため、八木をかたどった切り絵を購入しました。中国人にとって切り絵は人々のよりよい生活への願いを表す物で、お祭りに陽気で豊かな雰囲気を生み出しています。 2:00 pm: ホストマザーが春節飾りを取り付けます。「福」(fu2= 繁栄)の文字は、幸運と繁栄が落ちてくるように、上下さかさまに飾ります。さかさまという意味の漢字「倒」 (dao4)は到着するの到(dao4)と同音異義語です。このため「福」(幸せ、幸運)をさかさまに吊るすことが「到着」するということになるのです。 2:10 pm: おばさんたちのドアへの飾りつけが終わったので、親せきたちが南の窓に切り絵を飾り付けます。かつて中国では、春節前に南向きと北向きの窓に切り絵を飾っていたので、これは伝統に準じたやり方です。 飾りつけは大変でしたが、ありがたいことにハトのチョコレートにありつくことができました。 My First Chinese New Year 3:00 pm: ついに家での雑事が片付きましたが、まだ食事の時間には早すぎたので、中国のテレビを見ながら、サンフラワーシード、ピーナッツ、チョコレートが材料のお菓子を食べてリラックスすることにしました。 4:30 pm: 少しお腹が空いてきたので、KFCをオーダーすることにしたのですが、悪い考えでした。新年の食事の前に食べるべきではありません。彼らはごちそうの用意が本当に上手で、夕食の終わりのことにはセイウチのようにお腹が膨れました。やっていいものなら本当に家の中を転げまわりたかったです。 5:30 pm:  新年料理劇の開始です。 6:00-7:00 pm: 食事が次々と舅舅 (jiùjiu、おじさん)によって盛り付けられていきます。彼の料理魔法に畏怖すら覚えました。彼は12種類の食事を一人で90分で完成させたのです!舅舅は祖父の健康問題のために普通の仕事につくまでは、自分のレストランを持つシェフだったと聞かされました。 Chinese New Year at LTL 真剣に書くと、魚は新年料理には欠かせない食材です。年年有余 (Nian2 Nian2 You3 Yu2、毎年余裕を持って終えられるように)という中国の四字熟語があります。 中国語では「余」(yu2)は「魚」(yu2)と同じ発音をします。そのため魚は毎年の新年料理に欠かせない食材なのです。 7:30 pm: 長い宴会と新年の盛り上がりがついに終わりを迎えます。中国では、團年 (tuan2 nian2)と呼ばれる一族での集まりが、お祭りの最も大切な部分であると考えられています。子どもは家族の元に帰り、結婚しているカップルは夫の親せきの家を訪れるものとされています。妻の親せきの家にはお祭りの2日目に訪問します。 家族のメンバーがメインの宴会に出席できい場合には、空席を用意してその存在を象徴します。私たちの場合には全員が集うことができました! 「羊年到,祝三羊开泰,喜气羊羊」来るヤギ年も皆に平和と幸運、幸福がありますように。 9:00-12:00 pm: この時には意識を失うほどに満腹でした。一日の終わりに、私とホストファミリーはCCTV 1でチャイニーズニューイヤーのプログラムと花火を見ました。チャイニーズニューイヤーのお祭りにおいて、爆竹は大切な習慣の一つです。けたたましい花火と爆竹の音のお陰で、私は眠らずにいることができたのが幸いです。次回北京でチャイニーズニューイヤーのお祭りに参加する時にはイヤープラグを忘れないようにしなければなりません。
Chinese New Year Fireworks

チャイニーズニューイヤーの花火

この写真は北京のJing Shan公園で2015年5月15日の春節祭最終日に撮ったものです。Jing Shan公園は街中を見渡せる場所で、北京でのチャイニーズニューイヤーの締めくくりを彩る花火の見物に最適の場所です。

LTLニュースレターを購読する(英語)

LTLマンダリンスクールからの最新有益情報を入手したい場合には、ぜひニュースレターにご登録下さい。中国語学習方法や中国語学習アプリの紹介、LTLの様子などを知ることができます。サインアップしてLTLコミュニティに参加しましょう!ニュースレターは英語のみでの配信になります。

コメントを残す

You will get a reply from us
Your email address will not be published. Name and Email are required.